荷物用エレベーター・荷物用リフト・小荷物専用昇降機・自動垂直搬送機の専門会社。新設・改修・点検は「深澤工業」にお任せ!

深澤工業 荷物用エレベーター・リフトの深澤工業
深澤工業 TEL:054-628-5699
深澤工業トップ
主要取引商品
故障及び不良症状
保守点検案内
お問い合わせフォーム
深澤工業 会社案内
リンク
メール

荷物用エレベーター・荷物用リフト保守点検案内

保守点検案内

保守・点検ご案内 荷物用エレベーター点検案内
荷物用リフト・小荷物専用昇降機点検案内
改修工事料金のご案内

保守・点検ならお任せ下さい

保守・点検ご案内
現在ご使用の荷物用エレベーター・荷物用リフト・小荷物専用昇降機について不明な点、心配な点をお持ちの企業様・担当者様が多くおられます。特に荷物専用リフトに関しましては、専門業者自体が少なく法律面・安全面を考慮せずに設置しているものが大半と言っていいほどです。少しでも疑問点があるようでしたら、是非一度、深澤工業の点検をお勧め致します。プロとしての目で現在正常な状態なのか、手を施すべきなのかアドバイスをさせて頂きます。お電話(054-628-5699)またはメールお問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。

荷物用エレベーターの点検案内

荷物用エレベーターの点検案内
   
保守点検料金(交通費は別料金になります)
POG契約になります。(交換部品が発生した場合は有料)
製造業・運送業・倉庫業など法令に定められている業種及び1t以上のエレベーターは、クレーン協会による年次検査により毎月1回の点検になります。
   
  ●積載量1,000kg以上のエレベーター
 

1台当り「¥20,000(1ケ月)」
(クレーン協会による年次検査立会いは別途料金)

 
   
  ●積載量1,000kg未満のエレベーター
  1台当り「¥20,000(1ケ月1回の点検)」
1台当り「¥30,000(2ケ月1回の点検)」
1台当り「¥40,000(3ケ月1回の点検)」
  
  但し、一部ご契約できないメーカーがあります。誠に申し訳ありませんがご了承ください。
 



荷物用リフト・ダムウェーターの保守点検案内

荷物用リフト・ダムウェーターの保守点検案内
   
保守点検料金(交通費は別料金になります)
点検期間は3ヶ月1回をお勧めします。今まで数多くの昇降機を点検した中で、この位の期間で充分なお客様が、かなり多い状態です。
   
  1台当り「¥10,000(1ケ月1回の点検)」
  1台当り「¥12,000(2ケ月1回の点検)」
  1台当り「¥14,000(3ケ月1回の点検)」
     
■総点検整備について
年に1回の定期検査、お客様の依頼による自主点検、整備も承ります。
  「総点検整備内容」
  ・制御盤の状態チェック ・ワイヤーロープの断線確認
  ・ドアーの開閉状態の確認 ・昇降路の内部状態 ・操作盤の状態確認
  ・モーターの状態チェック・レールの状態チェック ・かごの状態確認
  ・スイッチの状態確認・ピットの状態確認
   
■改修・改造工事について
  良心的なサービスをモットーに格安料金で部品交換、修理・改修を行っております。まずは見積もりからで結構ですので、どうぞお気軽にお申し付け下さい。 その他、モーター交換、かごの交換、扉の交換、スイッチ等電気部品の交換... など。
 
  但し、一部ご契約できないメーカーがあります。誠に申し訳ありませんがご了承ください。
 



改修工事料金のご案内(エレベーター・リフト・小荷物専用昇降機)

改修工事料金



荷物用エレベーターの場合
  ◆主ワイヤーロープ交換 〜3階(ロープ式・油圧式 3本掛 ガバナロープ含)
 
  12φ 16φ
1:1(ロープ式・油圧式) 280,000
2:1(ロープ式) 340,000 380,000
2:4(油圧式) 360,000

420,000

  ◆油圧エレベーターオイル交換
 
〜400リットル 230,000
〜600リットル 270,000
 
     
荷物用リフト・小荷物専用昇降機の場合
  ◆主ワイヤーロープ交換 〜3階
 
 
1:1 ローピング 80,000 100,000
2:1 ローピング 120,000
 
  上記金額に工事費は含まれますが、交通費は別途となりますのでご了承下さいませ。
  ■工事費4,000円/時間(一人当たり) ■交通費1km×50円/台(有料道路代は実費)
 



万が一事故が起こると!?

事故
特に荷物用エレベーター・リフトをいつも使用されている慣れた方ならば、それほど問題はないかと思いますが、新入社員・アルバイト・パートの方など手慣れていない方々が使用される時が問題です。どなたが使用されても良いエレベーターならば危険性は少ないですが、荷物用エレベーター・リフトは、物が途中で引っ掛かったり、荷物の出し入れなどで、「ちょっと危ないかな」と感じた事があるとよく耳にします。万が一事故が起こると大変なことになりかねません。
責任者が処罰されます 後の保証が大変です 社会的信用が落ちます




安全性へのステップアップ

安全性へのステップアップ
 
エレベーター・エスカレーター・小荷物専用昇降機を総称して一般的に昇降機と呼んでいます。エレベーターとは、人が乗る事ができ、荷物も運ぶ事ができるものを指します。エスカレーターとは、大量の人を運ぶ事のできるものを指します。小荷物専用昇降機とは荷物だけを運搬するものを指しています。

皆さんのエレベーターは安全ですか?

■安全性の高いエレベーターを是非!
  静岡労働局安全衛生課よりこんな通達がきています。
  「エレベーター等の緊急点検を」 手軽に設置される小型エレベーター等で、重篤な災害が相次いで発生しています。 荷の運搬等に使用される簡易リフトは、その構造が厳しく規制されていますが、小型リフトについては設置事業場において十分な安全対策を講ずる必要があります。これらの防護措置がないままに設置され、使われていると、今後も災害の危険が憂慮されます。これら簡易なリフトによる災害の特徴は、扉がない開口部に転落したり、作業者が搬器(かご)に載ったまま上昇中、梁や天井等とに身体をはさまれることによるもので、頭部や頸部に損傷をうけて重篤な災害に至っています。 あなたの職場のリフト等は、安全に設置されていますか。緊急点検をお願いします。
   
■緊急安全点検の主要点
  ・荷物用エレベーター・リフトの周囲は積卸口を除き壁等で囲われているか。
・エレベーター・リフトの積卸口には扉が設けられているか。
・搬器が定位置にない場合は扉が開かない機構となっているか。
・扉が開いているときは搬器を動かせない機構となっているか。
・搬器には積み卸しする部分以外に囲いが設けられているか。
・搬器の内部からリフトを運転できない構造であるか。
・作業者が搬器に搭乗することのないよう解りやすく掲示されているか。
・搬器には積載荷重が掲示されているか。
   
  エレベーター診断書でチェックしてみましょう! 
 
 
 
■ 協力会社募集しております。
深澤工業では共に飛躍できますよう、販売協力会社さんを探しています。興味がありましたら、まずはお気軽にお問合せ下さい。 TEL:054-628-5699 info@f-elevator.com

深澤工業